ウェルカムドールにしたいキャラクター

癒しキャラ

ウェルカムドールにしたいキャラクターには、和み系のアニメのキャラクター等がぴったりではないかと思います。二人の様子をイメージしたぬいぐるみ等は会 場に飾るにふさわしいと思います。それがそのまま思い出の品物として残る事を考えると、好きなキャラクターにしたいですよね。実際に使ってみればわかりますが、これには2人の気持ちが強くこめられています。

どういう場所に設置するかでウェルカムドールの効果は変わってきます。たいていボードの周辺に設置するタイプが多いですが、これに関しては諸説言われ、自分たちが使いたいように使えるのがこの人形のいい所です。人によっては新郎新婦の席に使う場合もあります。良く出来ているぬいぐるみは愛嬌があり、デザイン的にも凝った物が多いのが定番です。これを活用して 式全体の盛り上げ役にする事はよくあり、実用的ともいえます。

自分をモチーフにしたウェルカムドールを作ると、一段と結婚式が身近になり、なんとなく楽しい雰囲気が出てきます。そこからはお祝いの雰囲気が見て取れるようになり、自分がいかにして結婚式を楽しみたいかという思いが表れます。人それぞれの個性がこの人形にはこもっています。

うさぎ

ウェルカムドールにしたいキャラクターは、私の場合、干支もそうなのでウサギです。ウサギはとても可愛い動物ですし、女の子らしい雰囲気があって子どもの頃から好きなのです。ぬいぐるみにもしやすい動物だと思います。また、マスコットなどでもよく使われている動物でもあることから、使い勝手の良いキャラク ターと言えるでしょう。

実際に、手作りキット販売をしているお店では、ウサギのウェルカムドールが人気となっているそうです。結婚式の受付台にちょこんと座っているウサギは、招待客たちからも評判がいいそうです。新郎新婦の衣裳を身につけたウサギのペアが受付台に乗っかっている姿は、愛嬌 があってとてもいいと思います。友人の結婚式でも見かけたことがあります。こちらは手作りではありませんでしたが、とても可愛らしく感じられました。私も結婚式を挙げる際には、取り入れてみたいと思ったものです。

でも、私の周りでは圧倒的にクマのウェルカムドールが多いようです。クマはぬいぐるみでも人気のある動物と言えることから、マスコットキャラクターにしやすいのでしょう。後は犬を用いる人も多いようです。だいたい、クマや犬、ウサギといった動物が人気です。

男執事と女執事

ウェルカムドールにしたいキャラクターとして、まず私が思い浮かべたのは、黒いタキシードを着用した執事のキャラクターです。
新郎新婦になぞらえて、男執事と女執事という組み合わせで、式場入り口の案内板に添えておいておくという使い方がいいのではないかと思います。

執事のキャラクターがよいと思ったのは、結婚式に招待したお客さんを出迎えておもてなしするという姿勢を、ウェルカムドールという形で飾ることによって知らせることができると思ったからです。
おもてなしのためにお世話するのは執事の役目として知られていますから、ゲスト様が楽しく過ごせる結婚式になるようにという思いもこもっているわけです。

主役は新郎新婦であるというのは確かに結婚式の大前提ではあるのですが、新郎新婦が企画して、招待してお客様に来てもらっているという形になっているため、 案内板に添えられるウェルカムドールは、楽しんでいただけるように努力しますという気持ちを表すために、男女の執事ペアということにしたいわけなのです。

招待された人も、式場の入り口で新郎新婦を模した執事姿のウェルカムドールに出迎えられたら、お客様としての扱いに気をよくして、楽しい結婚式になるように協力してくれるのではないかと、期待してしまいます。

ウェルカムドールに着せたいドレス

自分と全く同じウェディングドレス

自分と全く同じウェディングドレスを着せたいと思います。全く同じ素材で大きさだけ違うものです。和装なら豪華な打掛を着せたいです。勿論新郎にも花嫁のお人形にあったタキシードなどを着せたいと思います。

テレビで見たのですが、自分が着用したウェディングドレスをミニチュアにリメイクするサービスがあるそうです。ランドセルや赤ちゃんの髪の毛を筆に加工する サービスは知っていましたが、最近このドレスリメイクが密かにブームになっているようです。もしも私なら、小さなミニチュアのお人形に着せるよりも、ウェ ルカムドールの可愛らしいクマや猫たちに着せてみたいと思います。その方が皆様に見て喜んで頂けるからです。

最近ではウェルカムボードなどを似顔絵風に作るお店も多くなっていますが、ウェルカムドールも本人そっくりに作ってくれるお店があるそうです。時間もお金も掛かりますが、そういった細かい点を妥協しない拘りのお式を挙げたいですね。

ドレスは既製品よりも手作りしてみたいと思っています。幸いにもそういった類の専門教育を受けた母が私にはいますので、母に教えてもらいながら自分とウェルカムドールのドレスを作り上げたいと思います。

純白の天使や妖精

結婚式にふさわしい天使とか妖精をイメージしたようなドレスも人気です。

普通は、新郎新婦のかわりのようなドールですから、ウエディングドレスなどを着ているものが多いし、一般的かもしれないと思うのですが、二人の代役であるだけでなく、来て下さった皆様にも幸せになっていただきたい、幸せを運びたい、そのためのウエルカムドール、という意味を込めて、天使か妖精のようなイメージのドレスが素敵ですね。

あまり一般的なウエルカムドールではないかもしれないのですが、新郎新婦のお洋服のドールは、いかにも主役は私たち、というようなイメージがとても強いように思えるのです。確かに、その通りなのですが、本当は、来てくださっている皆様にも楽しんでいただけて、みなさんに温かな思いになっていたただけて、お式全体が、温かな思いに包まれているようなものになって、はじめて、本当の意味でよい式になるはずです。

ですので、ウエルカムドールにも、みんなが幸せになれますように、そして、これからの二人とみんなをどうか見守って下さい、という願いと祈りも込めて、天使や妖精のお洋服もいいですね。

着たかったドレスをドールに託して・・・

最初は自分が着たかったけれど結局辞めてしまったドレスをマネして着せました。とても可愛らしく、目を引くデザインで、ゲストからも評判でした!

ここで実際に着るカラードレスを着せてしまうと、自分が何色のどういったドレスを着ようとしているのかがお披露目の前のにばれてしまいます。わたしはそれがどうしても嫌だったのでウェディングドレスにしました。これならばデザインまではなかなかみんな見ないしばれないかなと思ったからです。実際に友人の結婚式に参加したときにもあの子はどういうカラードレスを着るんだろう、楽しみだねという会話をよくしていました。そのためウェルカムドールのドレスはお披露目の前にばれないことが条件でした。

わたしも旦那もねこが大好きなのでウェルカムドールはねこにしました。うさぎや犬は種類がありますがねこはあまりなかったので探すのに苦労しました。しかし苦労して探した甲斐があり、参列してくれた人たちからはかわいくてわたしたちらしいとほめていただけました。
「らしさ」を出して、ゲストをおもてなしすることが、最大の恩返しになるのではないかと思います。



>>>ウェディングアイテム取り扱いサイト人気ランキング

<ウェルカムドールをもっと知りたい方はこちら>
あったら嬉しいウェルカムドール
ウェルカムドール

<結婚証明書について知ろう>
結婚証明書