海外結婚と価値観

海外はもっと楽天的

結婚のやり方や価値観などは、日本と海外では全く違っています。だいぶ日本でも海外風の挙式が行われるようになってきていますが、本場で行うスタイルとは多少の違いがあるものです。また、海外では結婚という形式にこだわらない国もたくさんあります。

日本では事実婚と言われているように、籍を入れることなく内縁という形で一緒に暮らしているというカップルもたくさん居ます。このスタイルの方が気楽に暮らせるという感覚の人が日本でもかなり増えてきています。どちらかと言うと、日本の方が結婚の価値を重んじているところがあります。離婚率が高くなってきているとは言え、海外に比べればまだまだ低い方です。

一生一緒に居られるという自信がないと結婚することはできないという思いや、離婚することは恥ずかしいことという考えがまだまだ根強いものとなっています。その点、海外はもっと楽天的です。何度も結婚と離婚を繰り返す人もたくさん居るものです。

家族という共同体を形成する

私達日本人と、海外の方との結婚観には、多少の開き、差異といったものがあろうかと存じます。だからこそ、違いを認める事で、理解する事が重要だと感じます。

例えば、日本人であれば「愛情」について、それを言葉にしたり、ジェスチャーや行動で示すことはなくとも、あうんの呼吸で伝える事が出来ます。外国人の方であれば、結婚とは個人と個人との関係、という認識が強いのかもしれませんが、私達は家族という共同体を形成する、という認識が強いように思います。

しかしながら、共通項もあります。それはお互いがお互いを認め合い、尊重する事で助け合う事が出来る点です。出身国の違いによって、結婚に対する価値観が異なるのは当然と言えます。

グローバル化の進展により、外国人の方と結婚する日本人も増える事が予想されます。事前に話し合い、お互いに歩み寄る事によって埋めていけるのが、私達人間ですからエゴとエゴをぶつけ合うだけではなく、何でも話し合い、溝を埋め解決するべきです。

婚姻のシステム

婚姻のシステムというのはその国によってさまざまで、日本人の感覚からすると信じられないような風習や習慣があることもあります。よく知られることには、女性側が多額のお金や物を結婚の時に相手の家に持参する風習があり、この持参金が用意できなかったりそれ目当てで婚姻を結ぼうとする場合もあったりと問題になっている国もあるようです。

他には、例えばフランスなどでは実際には籍を入れずに事実婚のカップルが多いと言われていますが、欧米諸国では事実婚でもきちんと籍を入れていても国からの補助や制度があまり変わらないので事実婚を選ぶカップルが多いとのことです。

日本では入籍をすれば結婚をしたということになりますが、オーストラリアではどんな形であれ結婚式を挙げないと婚姻が認められないので簡単な式を挙げて始めて婚姻が認められるとのことで、国によってさまざまな違いがあることに驚かされます。風習だけでなく結婚生活においても文化の違いを感じることは多いでしょう。