男性の服装

結婚式に出席する男性の服装

今結婚式に出席する男性の服装としては、友人などの結婚式の場合礼服ではなくて、普通のスーツで出席する人が多いです。スーツは普段使いのもので、ネクタイだけ白や銀の入ったお祝い用のものに変えたり、ネクタイピンを華やかなものにしたり、足元を革靴などフォーマルに装うことによって、パーティー用の服装としています。時々無頓着な男性もいますので、そんな時は周りがさりげなく注意することが大切です。

結婚式は一生に一度、さらに友人の両親や親戚もきています。招かれたものの礼儀として、非常識な格好は避けたいところですが、今はカジュアルな結婚式もあり、スーツでの出席不可と招待状で知らされる場合があるので、海外の挙式であればアロハなどでも、二人を祝いたいという気持ちをもって服装を考えることが大切です。

結婚式はほんとうに色々なものがあり、新郎新婦が一番望んでいるであろうという格好を考え、自分にできるお祝いとしてスーツなどを考えるといいと思います。

ブラックスーツがマスト

結婚式出席するための男性の服装は友達や会社の方の場合にはスーツを着用します。スーツの色もブラックスーツです。今は、少し華やかな衣装になってきていますが、新郎新婦を立てるような色が好ましいです。新郎新婦が白を着ていくので白は絶対に着られません。

また結婚式が行われるのが昼夜とで違った衣装になる場合もあります。友人の結婚式にはブラックスーツにシルバータイをつけていくのが好感がもてます。シャツはそれにあったドレスシャツを選ぶといいです。もし、自分の家族の式であればブラックスーツに白のネクタイになります。場合によって着るものが違ってきます。父親として出る場合には、燕尾服やタキシードになります。

子供の時、兄弟の時、親せきの時、友人の時などの場合によって着る服装も変わるので注意が必要です。ブラックスーツは間違いがないものですから1着は家に持っているといいです。失礼のないような服装をすることを心がける必要があります。