婚約指輪、結婚指輪

婚約指輪、結婚指輪ってどう違うの?

結婚をする場合、男性は婚約指輪と結婚指輪を用意することになったりします。さて、同じ「指輪」というものですが、婚約指輪と結婚指輪には違いがあるのをご存知でしょうか?

大きな違いは、渡すタイミングです。婚約指輪は名前通り、婚約したら渡すとなります。なので、ドラマとかでも「結婚してください」なんてプロポーズをするときに渡したりしています。ちなみに、プロポーズの時に婚約指輪を用意しておかなければならないという決まりはありません。また、結婚指輪は結婚式の時に交換をするものとなっています。これは別に神式でも教会式でも、やはり結婚式の時に渡すものとなっています。

また、婚約指輪は石がついているもの、というイメージがあるし、結婚指輪には石がついていなくて、シンプルなデザインのものが多いと一般的にも思われています。また価格としても、婚約指輪のほうが高く、結婚指輪のほうが安い傾向にあるのではないでしょうか。

費用の違い

結婚を機に男性から女性に贈られる特別な指輪には二種類あります。ひとつは婚約指輪。もう一つは結婚指輪です。一般的にプロポーズや結納など結婚を約束するタイミングで贈られるのが婚約指輪で、実際に結婚する際に結婚式などで贈られるものが結婚指輪とされています。

婚約指輪と結婚指輪の違いは値段や指輪のデザインや使うシーンに現れます。婚約指輪は大粒のダイヤが使われているものが多く、その相場は昔から男性のお給料の3ヶ月分と言われますが、最近では30~40万円くらいでも十分素敵なデザインの指輪を手に入れることもできます。婚約指輪は文字通り婚約してから結婚するまでの間だけ身につけるものなので買わない人もいますが、一生に一度の機会なので是非贈り贈られ大切なもののひとつに仲間入りさせたいものです。

反対に結婚指輪は、結婚してから毎日身につけるものなので、シンプルなデザインのものが主流です。ダイヤが入っているとしても、普段使いしても引っ掛けたりしないよう、小さなものがリングに埋め込まれています。そのため婚約指輪に比べたら、少ない費用で用意できます。