結婚式で喜ばれた引き出物

カタログギフト

結婚式といえば、地域性もあるのかもしれませんが、昔は重たいものばかりだったのではないかと思います。なんか豪華なお皿と、あとはずっしりと重いケーキ、それといくつかのものが入っている、なんていう感じでした。

ですが時代は変わって、引き出物も結婚する2人が自由に決められるようになっています。さて、ではせっかく来てくださったゲストのためにも、ゲストが喜んでくれるような引き出物、それはなんでしょうか。

個人的に、カタログはおすすめの引き出物といえます。これは喜んでもらえます。ちょっと味気ないとう意見も実際にはありますが、要らないものをもらうよりも、もらう側としてかなりいいとも言えます。ですが、このカタログの価格ですが、注意しなければなりません。たとえば、設定料金が安いカタログだと、どうしても選ぶほうはほしいと思えるものがなかったりするのです。なので、金額で言えば、1万円とか1万5千円くらいのものとかを用意するほうが、それをもらった相手も困らずにカタログに掲載されている商品を選べるのでいいのではないかと思います。

ウェディンググッズを探すなら
>>>>手作りウェディングの専門店へ

なるべくコンパクトに

数年前に結婚式を挙げました。式場そのものが結構安価な所だったので、結婚相手と相談して引き出物は豪華にしようと決めました。とはいえ、ゲストの事を考えると、豪華と言ってもあまり重たいものとか嵩張るものは移動する時に邪魔になってしまいます。その為、なるべくコンパクトにまとめるように心がけました。

私たちが選んだのは、カタログギフトとバウムクーヘンとミニタオルや紅茶などです。全てサイズが小さ目だったので、引き出物の為に用意した紙袋は結構小さ目でした。ただ、かなりこだわった点があります。それは、カタログギフトの値段です。

良くそれまでもカタログギフトを引き出物として戴いていましたが、どうも欲しい物が掲載されていない事が多々ありました。その為、自分たちの経験から、なるべく高いカタログギフトにすれば、欲しい物が見つかりやすいのではないかと考え、結構設定金額が高めの物を引き出物としました。

ゲストの人からは、後日なかなか内容的に良いカタログギフトだったと言われました。という事で、私の結婚式で好評だった引き出物はカタログギフトです。