結婚式の謝辞について

結婚式といえば、もちろん時代とともに変わっていくものだと思います。
ですが、やはり基本的なところは変わっていないのではないでしょうか。
なので、当日きてくださったゲストに対して感謝の言葉を伝える、
それは新郎として必要な事だと私は思っています。
やはり、感謝の気持ちはしっかりとあらわす必要があると思っているからです。

さて、これは私が結婚した時の話です。
当時の夫は、結婚式に対して、ほとんど準備をしてくれませんでした。
私はあれこれと準備をしましたが、夫は「なんとかなる」というスタンスでいて、
当日まで謝辞を考えてきませんでした。
そして新郎からの言葉の時になると、夫は勢いに任せて、適当な事を言い出しました。
私、両家の両親はかなり凍りついたのを覚えています。
そして、披露宴会場の雰囲気も、かなりすごいことになりました。
運よく、夫はかなり酔っていたので、「酔っていたせい」とゲストの人は
思ってくれたようですが、あれはあるべき姿ではないと私は思っています。
ということで、結婚式の謝辞は、別に特別な事を言う必要はないと思うのですが、
しっかりと考えるほうが良いと思います。
感謝の言葉はちゃんと伝えるべきだからです。