準備しておいてよかったアイテム 

「ガム」

結婚式で準備しておいてよかったアイテムといえば、「ガム」です。
それも、口臭予防に効くガムがとても役にたちました。
私は男ですから、さりげなくスーツに忍ばせて空き時間によく噛んだものです。

何故準備してよかったかというと、いかなる結婚式でも緊張する、疲れるのは間違いなく、リラックスするためにはガムがとても効果的だったからです。
種類によっては口臭を防いだり眠気を吹き飛ばす効果もあるので、一石二鳥だと思います。
ガムを噛むことで、セロトニンを増やし集中力を高めるなどの効果があると言われています。
結婚式は楽しい行事でもありますが、じっとしなくてはいけない、または待ち時間が長い、ということで疲れることもあるかと思います。
それを吹き飛ばす効果も、ガムには期待できます。

ただし気をつけなければいけないのは、結婚式は冠婚葬祭の重要な儀式なわけですから、失礼のないように配慮しなければならないということです。
ガムを噛みながら参列、という行動はとても不謹慎に思われてしまいます。
あくまで空き時間にリラックスさせるためのアイテム、と割り切る必要があると思います。
空き時間に同席した友人に配ると、みんな喜んでくれるかもしれませんね。
結婚式に持っていくにはおすすめのアイテムです!

あいさつ代わりのお菓子

かわいい動物の形をした焼き菓子を、一つ一つ袋に入れてリボンをかけ、手渡せるよう準備したものです。

当初はそのような予定はなく、結婚式を執り行うホテル側からもそういった提案はされなかったのですが、友人が結婚した際、あいさつ代わりにお菓子を使ったらとても好評だったと言っていたのを思いだし、姉に提案してみました。すると、かごに焼き菓子を入れて、直接手渡されてはどうで しょうかというホテル側のアイデアもあり、ではそうしようということになりました。

チャペルでの結婚式を終えた二人が、参列者を待っている形をとり、一人ずつ歩けるように通路を作り、手渡ししました。新郎と新婦の二人がかわいい籐のかごを持って焼き菓子を渡している姿は、新婦はかわいらしく、新郎はちょっと微笑ましく映ったものです。

そもそもの提案は私だったにも関わらず、結婚式での評判は姉がすべて持って行ってしまったのも、花嫁が主役だから仕方ないと、あきらめモードだったのでした。

大きなクマのぬいぐるみ

姉はごく身近な人だけを招待した小さな式を挙げたのですが、その中に新郎の姉の子どもが来ていたのです。
つまり姪にあたります。当時、その姪はまだ3歳でした。初めて出席するパーティーという感じで、落ち着きがありませんでした。
周りには同じ年代の子も居ないので退屈してしまうだろうと思い、姉は大きなぬいぐるみを用意したのです。その姪から花束を貰うことになっていたので、その時のお返しとして大きなクマのぬいぐるみをプレゼントしました。

すると、それまで落ち着きのなかったその姪は笑顔になり、とても喜んでいるような感じに見えたのです。もちろん、妹である私もその結婚式に出席していたので、一部始終を間近で見ることができました。こんなふうに、子どもを招待する場合は、子どもが退屈しないように気を遣うことも大事なのだということを身を持って実感することができました。

それから、結婚式で準備しておいてよかったアイテムとして、ちょっとした置物も挙げられます。各席に置いてあったのですが、招待客が持ち帰ることができ、お土産感覚で良かったと思います。


>>>ウェディングアイテム取り扱いサイト人気ランキング

<先輩花嫁に聞く!>
結婚式の失敗談

<結婚式に必要なアイテムを準備しておきましょう>
ウェルカムドール
結婚証明書
芳名帳
席札