結婚式の失敗談

幸せな場所である結婚式。でもやっぱり失敗はつきものです。
しかし、失敗談から学べることはたくさんあります!

突然のスピーチで失敗

結婚式で失敗したことは、忘れもしない姉の式です。妹の私が先にお嫁に行ってしまっていたので、式には旦那さんと出席しました。内輪だけの式だったことも あり、アットホームな感じでした。そのため、私はかなり安心していたのです。まさかスピーチが回ってくるなんて思ってもみませんでした。何を言おうか事前に考えていなかったので、しどろもどろになってしまったことを覚えています。

内容としては、私たち夫婦が姉たちの見本となれるように頑張るというようなことを言いました。ところが、それから半年で私たちは離婚してしまったのです。見本どころではありません。結婚式から半年経っているとは言え、何だか申し訳ないような気持ちになってしまいました。それに、式で撮った家族写真にも私の旦那さんがしっかり写っています。姉たちの記念の品に別れた 旦那が載っているなんて、これもまた何だか申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そんな日からかれこれもう十年近くが経ちますが、なるべく結婚式のようなお祝い事の席では後先のこともきちんと考えなくてはいけないな、と今でも感じているところです。今後、再婚することがあったとしても、なるべく夫婦で式に出席しない方がいいかもしれません。

面白くないスピーチ

私が真っ先に思い出すことは、同僚代表としてスピーチをした時のことでした。
それほどきわどい話をして失敗したというわけではないのですが、やはり、新郎である同僚には少し面白くない感じで受け止められてしまったかなと思ったりしたのです。

実際、結婚式が終わった後の2次会の席で、過去の些細な失敗談を例に出してもらっても困ると苦言を呈され、失敗談ののちにフォローを入れたつもりかもしれないが、もう少し場所をわきまえてほしいと言われたわけです。
列席者や新婦は面白がっていましたが、やはり、面白ければいいというのではないわけですから、その点は深く反省したわけなのです。

それでも、2次会が終わるころにはなんとか仲直りができたので、結婚式後のお祝いを述べる役がまた回ってきた時には、盛大に祝辞を述べて締めくくることができまして、同僚にも大変喜ばれました。
その同僚とは、今ではものすごく仲良しになっています。

けっこう深刻目な失敗を結婚式の会場でのスピーチでやらかしてしまったけれども、そのあとの2次会ではなんとか挽回できたわけでして、しかも同僚とのきずなも高まったということがありましたから、災い転じて福となせてよかったとホッとしたわけなのです。


>>>ウェディングアイテム取り扱いサイト人気ランキング

<先輩花嫁に聞く!>
準備しておいてよかったアイテム 

<結婚式に必要なアイテムを準備しておきましょう>
ウェルカムドール
結婚証明書
芳名帳
席札