席札

あまり注目されることのない席札ですが、小さなペーパーアイテムひとつにもこだわりたいですよね。
遊び心をのぞかせるなら、席札はぴったりです!

席札のマナー

まずは、席札のマナーから学んでいきましょう。

席札とは、ゲストが自分の席に迷わずに座れるように置いておくものです。

でも、名前の入っているものですから、間違えたりすると失礼にあたります。
ゲストに気持ち良く席に座ってもらうためにも、基本のマナーをしっかり押さえておきましょう。

<席札のマナー>
☆名前は読みやく書きましょう☆
☆名前に間違いがないか確認しましょう☆
☆ゲストに敬称をつけ、親戚には敬称をつけません☆
☆席札のデザインや裏面などに一工夫してみましょう☆

特に注意したいのは「敬称」です。
まず、ゲストには、必ず敬称をつけましょう。
「様」が基本ですが、10歳以下のお子さんのゲストの場合は、「くん」「ちゃん」をつけます。

新郎新婦の家族、親戚、同居している祖父母などには敬称はつけません。

席次表もこれと同じルールですので、覚えておいて下さいね。

席札のメッセージ

少し大変ではありますが、席札にゲストひとりひとりにメッセージを書くと、気持ちが伝わります。

あくまでも参考ですが、気持ちが伝わるように是非メッセージを書いてみて下さい。

☆ゲストへ贈るメッセージ☆
・私たちの式に来てくれてありがとう!
・今日は楽しんで下さい!
・本日は、お忙しいところ、お越し下さいまして、ありがとうございます。
・ご無沙汰しております。本日はお会いできてうれしいです!ぜひ楽しんで下さいね。

☆家族・親戚へのメッセージ☆
・今日という日を迎えられたのも、●●さんのおかげです。本当にありがとう。
・これからは2人で協力して、温かい家庭を築いていきます。

☆友人に贈るメッセージ☆
・もう友達になって●年が経つんだね!これからもよろしくね!
・●●と過ごした時間は私にとって大切な青春です。年を取っても仲良くしてね!
・いつも元気な●●が大すき!結婚してもずっと友達だよ!

☆会社の人へ贈るメッセージ☆
・いつもご指導頂きありがとうございます。
・これからは夫婦でより一層精進いたします。
・本日はありがとうございます。これからも公私ともによろしくお願いいたします。

☆式に協力してくれた人へのメッセージ☆
・今日は、手伝ってくれてありがとう!●●さんのおかげで素敵な式になりそうです。
・おかげさまで、無事に式を行うことができます。またゆっくり御礼をさせて下さいね。

その他、お子さんなどには、読みやすい文章で、など工夫してみて下さい。
定型文を使う必要はありません。日頃の感謝や気持ちを込めて書いてみて下さい♪

ユニークな席札

ここで、ユニークな席札をご紹介します。アイデアがたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。
結婚式で見たユニークな席札は、姉が結婚式に参列した際、記念にもらってきたものです。最近は結婚式も多様化してきて、新郎の招待客、新婦の招待客として席を分けるということが、今でもなされているのかどうかわかりませんが、当時、姉が結婚式に参列していたときは、新郎の友人、新婦 の友人と、左右に分かれてテーブルが作られていました。

新婦の招待客の席には、ウェディングドレスをかたどった女性のシルエットの席札が用意されていて、そこに名前が書かれていました。持ち帰った姉に、新婦の友達がウェディングドレス姿だったら、新郎の友達はタキシードなのかと聞くと、そうだったと言います。それを聞いて、確かにこの違いを作ったなら、わかりやすい席を作れただろうと思いました。

もしも同じ形の席札を利用していたなら、どちらがどちらの招待客かがごっちゃになることも、可能性としてはあったでしょう。そのようなことはあってはならないことですが、まれに似たような名前の人がいたりするものです。

新婦の友人として出席し、新郎側に知り合いがいなかったことから、ちらっとしか見えなかったけれど、タキシードの席札もなかなかイカシテいた、と言っていたのが印象的でした。

似顔絵席札

絵の得意な新郎新婦が一人一人の似顔絵を描いたものです。名前だけ印刷されたものよりも絵がある事で自分の席を見つけやすいですし、何よりも忙しい中その手間を掛けてくれた二人に感謝の気持ちがこみ上げてきたものです。心の底から幸せになってほしいと思いました。

カードの上に可愛らしいマスコットが付いた席礼も見た事があります。マスコットですから持ち帰って自宅に飾ったり、金具を 付けてストラップ等にも出来ますから、女性や子供連れの方に大変好評だったと思います。年齢や性別に合わせて、様々な種類を用意していたのにも感心してし まいました。

お金が掛かっているなとびっくりした席礼もあります。それは小さなブリザーブドフラワーのものです。マスコット同様自宅に持ち帰る事が出来ますから皆が大喜びしていましたし、テーブルを華やかにする効果もあったと思います。

反対に子供っぽいなと驚いた席礼もありました。それはバルーンタイプのものです。可愛らしいキャラクターが使われているもので、ディズニーが大好きな新婦の 好みだったようです。小さな子供さんなら嬉しいと思いますが、大人の目から見ると誕生日パーティーの催しのように見えたものです。親しみやすくはあります が、もう少しだけ格調高い物の方が結婚式にはふさわしいと思います。

手作りの席札

手作りの席札は、やはり結婚式の手作りメッセージです。
今まで5回くらいの友人の結婚式に参加しましたが、どの結婚式も手書きのメッセージで、思いが込もっていて感動を覚えたものです。

最も感動したのが、2年ほど前に参加した、小学校時代からの付き合いの幼馴染の結婚式です。
ともにお互いの成長を知り、苦楽をともにし、一緒に旅行や遊びに明け暮れるなど、たくさんの思い出がありました。
そんな彼が結婚するということで、参加するだけでもワクワクでした。
そして現地に到着し、自分の席に席札が置いてあります。
確か、綺麗な柄のメッセージカードに書かれていたと思います。
そこに一言、「いつも心配してくれてありがとう。○○は大切な友達です。これからも一緒に遊ぼうね。」と書かれていました。
他の出席者にも、たぶん人それぞれ同じように思いを込めて書かれているのでしょう。
でも、手書きであるという事実は何よりも思いが込もっていて、自分に対しての特別な思いを感じさせるのには十分でした。
私はすごく感動したのです。

いつか、私が結婚するときがあったならば、とっておきの席札を用意して、大切な友達に特別なメッセージを届けたいと思います。

席札で遊び心を

心のこもった手作りの席札は、招いた側の気持ちが形になっており、豪華さよりも素朴さが際立つものになります。その中でもセンスのいいものを作れば、きっとゲストも喜んでくれます。

新郎新婦の姿をあしらったデザイン等、趣向が独特なので結婚式によって全くことなるタイプの席札が楽しめますね。

あらかじめ企画者の側に申し入れをしておけば、オリジナルの席札を作る事は簡単で、かなり凝った物を作れるため、それ自体が記念品になる場合も多いです。
グラスにカードして付けたり、ちょっとしたサプライズをするなら、席札が最適です。

ゲストをくすりとさせるような、心温まる席札を作ってみませんか?

席札に書いたメッセージ

結婚式の席札に書いたメッセージに顔がほころぶ。
最近では、結婚式の席札の裏にメッセージを手書きで書いてあることが多いですよね。
結婚式の席札に書いたメッセージ、見つけると思わず顔が笑顔になってしまいます。
大抵が手書きなので、前日遅くまで準備で忙しい中、一生懸命書いたのかなと、想像してしまい思わず顔がほころぶというワケです。

結婚式の席札に書いたメッセージには感謝の気持ちであったり、これからの抱負であったり、いろいろあったり書いてある訳です。そのひとの気持ちがよく見えてきます。
こうして考えると、自分が結婚式をした時も席札にメッセージを書いておけば、良かった思うことが多いですね。自分の場合は統一したメッセージで、プリントアウトをし、メニューに添えただけだったので、しっかりとメッセージを書けば良かったと思います。

結婚式の席札に書いたメッセージ、なかなか粋な慣例です。今度結婚式を行う友達がいれば、メッセージを書いた方が良いよとアドバイスしようかと思います。

>>>ウェディングアイテム取り扱いサイト人気ランキング

<結婚式に必要なアイテムは?>
ウェルカムドール
結婚証明書
芳名帳

<先輩花嫁に聞いてみよう!>
準備しておいてよかったアイテム